情報処理技術者資格/応用情報技術者試験(AP)とは
資格取得タイプ
独立や技術の資格や検定
資格別の受験者数・合格率・推移や受験資格などの情報。資格を活かす
資格情報 人気資格注目資格の過去の合格率や難易度は?
スキルアップや自己啓発等まずはチャレンジ!
とりやすい資格
就職や独立等で必要な資格は?
    資格取得のための勉強方法 sitemap@ A
資格取得タイプ

独立スキルアップに役立つ資格情報一覧。各資格合格率や受験者数推移掲載しています。

合格率や試験内容をもとに難易度をチェック!自分に合う資格を探そう2013.9更新(合格推移など・・・)



 


パソコン関連資格でスキルアップ!

応用情報技術者試験(AP)とは?
 

創設された当初は第一種情報処理技術者試験 として、試験制度再編によりソフトウェア開発技術者試験 に、平成21年度春期から施行される新試験区分においてはスキルレベル3応用情報技術者試験 に名称が改められた資格

応用情報技術者試験(AP)は、 経験を積んだシステムエンジニアやプログラマなど、高度IT人材となるために必要な応用的知識・技能をもち、高度IT人材としての方向性を確立した者 を対象像としています。

 
応用情報技術者試験(AP)の受験者数の推移と合格率
 
年度計(春期・秋期計)
受験者数(実)
合格者
合格率
       
平成23年度 74,129 16,357 22.1%
平成22年度
85,564
18,490
21.6%
平成21年度
78,218
18,457
23.6%
参考「ソフトウェア開発(SW)」情報処理技術者の受験者数の推移と合格率
平成20年度
64,639
11,596
17.9%
平成19年度
63,177
10,966
17.4%
平成18年度
59,069
9,315
15.8%
平成17年度
72,713
9,505
13.1%
平成16年度
47,880
5,346
11.0%
 
近年の合格率の推移-(旧制度下のデータ)データは実施機関公表のものを参照しています。応用情報技術者試験(AP)は、従前の「ソフトウェア開発(SW)」とほぼ同じレベルとされていますので参考にしてください。新制度下の結果ではありません。
応用情報技術者試験(AP) 受験資格・試験内容
 

【受験資格】: 学歴・年齢・性別・国籍による制限なし。

試験は例年2回、春期試験(4月第3日曜日)、秋期試験(10月第3日曜日)

試験時間は午前150分 午後150分

 

【試験区分内容】午前:多肢選択式80問(四肢択一)午後:記述式12問が出題
○応用情報技術者試験(AP)
○午前試験
従前の「ソフトウェア開発技術試験」のテクノロジ系,マネジメント系の分野に加え,ストラテジ系が追加されている。多肢選択式80問(四肢択一)

午後試験:記述式
1 経営戦略に関すること
2 情報戦略に関すること
3 戦略立案・コンサルティングの技法に関すること
4 システムアーキテクチャに関すること
5 IT サービスマネジメントに関すること
6 プロジェクトマネジメントに関すること
7 ネットワークに関すること
8 データベースに関すること
9 組込みシステム開発に関すること
10 情報システム開発に関すること
11 プログラミングに関すること
12 情報セキュリティに関すること
・・・など

 

【合格点基準】:
午前・午後各100点満点とし、共に満点の60%が基準点となっています。

受験費用及び申込先
 
受験費用:5,100円
 
 
申込期間: 春期試験(1月中旬から約1か月間)、秋期試験(7月中旬から約1か月間)
 
  情報処理技術者について・一覧
   
 
 
資格取得トップ
FP/ファイナンシャルプランニング技能士資格を詳しく!