情報処理技術者資格/エンベデッドシステムスペシャリスト試験(ES)とは
資格取得タイプ
独立や技術の資格や検定
資格別の受験者数・合格率・推移や受験資格などの情報。資格を活かす
資格情報 人気資格注目資格の過去の合格率や難易度は?
スキルアップや自己啓発等まずはチャレンジ!
とりやすい資格
就職や独立等で必要な資格は?
    資格取得のための勉強方法 sitemap@ A
資格取得タイプ

独立スキルアップに役立つ資格情報一覧。各資格合格率や受験者数推移掲載しています。

合格率や試験内容をもとに難易度をチェック!自分に合う資格を探そう2013.9更新(合格推移など・・・)



 


パソコン関連資格でスキルアップ!

エンベデッドシステムスペシャリスト試験(ES)とは?
 

情報処理技術者試験は、昭和44年に発足した「情報処理の促進に関する法律」に基づき経済産業省が、情報処理技術者としての「知識・技能」の水準がある程度以上であることを認定している国家試験

エンベデッドシステムスペシャリスト試験(ES)は、 従前のテクニカルエンジニア(エンベデッドシステム)試験と同様の位置づけの試験
・試験問題のレベルについて高度な知識・技能を有するとされる高度試験に分類されています。

スキルレベル4にあたる情報処理技術者資格

 
参考(エンベデッドシステムスペシャリスト試験(ES))情報処理技術者の受験者数の推移と合格率
 
受験者数(実)
合格者
合格率
平成23年度 4,368 709 16.2%
平成22年度
4,807
858
17.8%
平成21年度
4,080
689
16.9%
参考(旧エンベデッドシステム試験)
受験者数(実)
合格者
合格率
平成20年度
3,995
539
13.5%
平成19年度
3,673
492
13.4%
平成18年度
3,121
406
13.0%
平成17年度
3,245
469
14.5%
平成16年度
2,456
301
12.3%
 

近年の合格率の推移-(旧制度下のデータ)データは実施機関公表のものを参照しています。エンベデッドシステムスペシャリスト試験(ES)の試験範囲は、従前のES試験の範囲が対象となっていますので、過去の合格率の推移を掲載しています(合格率などは制度の変更などもありますので参考程度としてください)。実際の新制度下での結果ではありません。

エンベデッドシステムスペシャリスト試験(ES) 受験資格・試験内容
 

【受験資格】: 学歴・年齢・性別・国籍による制限なし。

試験は例年1回、春期試験(4月第3日曜日)

 

【試験行程】
午前T9:30〜10:20(50分)多肢選択式(四肢択一)

午前U10:50〜11:30(40分)多肢選択式(四肢択一)

午後T12:30〜14:00(90分)記述式

午後U14:30〜16:30(120分)記述式

内容抜粋:組込みシステムの設計・構築に関すること 開発システムの機能要件の分析,品質要件の分析,ソフトウェア要求仕様書・ハードウェア要求仕様書の作成,システムアーキテクチャ設計,リアルタイム設計,機能安全設計,セキュリティ設計,組込みシステムのソフトウェア設計に関すること
○試験における対象者像は、「ネットワークシステムを企画・要件定義・開発・運用・保守する業務に従事し,次の役割を主導的に果たすとともに,下位者を指導するもの。」とされており、目的に適合したネットワークシステムを構築・維持するため,次の知識・実践能力が要求される。

 

【合格点基準】:
午前・午後各項目毎100点満点とし、共に満点の60%が基準点となっています。

受験費用及び申込先
 
受験費用:5,100円
 
 
申込期間: 春期試験(1月中旬から2月上旬)
 
  情報処理技術者について・一覧
   
 
 
資格取得トップ
FP/ファイナンシャルプランニング技能士資格を詳しく!