情報処理技術者資格/基本情報技術者試験(FE)とは
資格取得タイプ
独立や技術の資格や検定
資格別の受験者数・合格率・推移や受験資格などの情報。資格を活かす
資格情報 人気資格注目資格の過去の合格率や難易度は?
スキルアップや自己啓発等まずはチャレンジ!
とりやすい資格
就職や独立等で必要な資格は?
    資格取得のための勉強方法 sitemap@ A
資格取得タイプ

独立スキルアップに役立つ資格情報一覧。各資格合格率や受験者数推移掲載しています。

合格率や試験内容をもとに難易度をチェック!自分に合う資格を探そう2013.9更新(合格推移など・・・)



 


パソコン関連資格でスキルアップ!

基本情報技術者試験(FE)とは?
 

情報処理技術者試験は、昭和44年に発足した「情報処理の促進に関する法律」に基づき経済産業省が、情報処理技術者としての「知識・技能」の水準がある程度以上であることを認定している国家試験。

基本情報技術者試験(FE)は、 高度IT人材となるために必要な基本的知識・技能をもち、実践的な能力を身につけた者を対象像としています。2001年以前の資格「第二種情報処理技術者」にあたる資格。

スキルレベル2にあたる情報処理技術者資格

 
参考(基本情報技術者試験)情報処理技術者の受験者数の推移と合格率
 
年度計(春期・秋期計)
受験者数(実)
合格者
合格率
平成23年度 118,498 30,148 25.4%
平成22年度
138,649
31,618
22.8%
平成21年度
144,373
45,955
31.8%
平成20年度
135,856
30,007
22.1%
平成19年度
132,012
30,800
23.3%
平成18年度
133,667
26,365
19.7%
平成17年度
141,566
19,109
13.5%
平成16年度
157,592
25,637
16.3%
 

近年の合格率の推移-(旧制度下のデータ含む)データは実施機関公表のものを参照しています。基本情報技術者試験(FE)は、従前のFEとほぼ同じ分野(一部範囲拡大)で、レベルも同じものと予定されていますので目安・参考になろうかと思います。

基本情報技術者試験(FE) 受験資格・試験内容
 

【受験資格】: 学歴・年齢・性別・国籍による制限なし。

試験は例年、春期試験(4月第3日曜日)、秋期試験(10月第3日曜日)

試験時間は午前150分:午後150分

 

【試験区分内容】午前:多肢選択式100問(四肢択一)午後:多肢選択式13問が出題
○午前試験.基本情報技術者試験(FE)
テクノロジ系,マネジメント系,ストラテジ系から幅広く 情報通信技術全般から基本的な知識を問う問題が出題
○午後試験: コンピュータ言語を用いた応用問題と、4つのコンピュータ言語から1つを選択して解答するプログラミングの問題が各2問出題

1 コンピュータシステムに関すること
@ ハードウェア A ソフトウェア B データベース C ネットワーク
2 情報セキュリティに関すること
情報セキュリティポリシ,データベースセキュリティ,ネットワークセキュリティ,ア
プリケーションセキュリティ,物理的セキュリティ・・・
3 データ構造及びアルゴリズムに関すること
配列,リスト構造,木構造,グラフ,整列,探索,数値計算,文字列処理,図形処理,など
4 ソフトウェア設計に関すること
ソフトウェア要求分析,ソフトウェア方式設計,ソフトウェア詳細設計,構造化設計など
5 ソフトウェア開発に関すること
プログラミング(C,COBOL,Java,アセンブラ言語,表計算),テスト,デバッグ など
6 マネジメントに関すること
@ プロジェクトマネジメント A IT サービスマネジメント
7 ストラテジに関すること
@ システム戦略 A 経営・関連法規・・・など

 

【合格点基準】:
午前・午後各100点満点とし、共に満点の60%が基準点となっています。

受験費用及び申込先
 
受験費用:5,100円
 
 
申込期間: 春期試験(1月中旬から約1か月間)、秋期試験(7月中旬から約1か月間)
 
  情報処理技術者について・一覧
   
 
 
資格取得トップ
FP/ファイナンシャルプランニング技能士資格を詳しく!