資格取得のための勉強法は?通勤時間の合間、休憩時間、就寝前に効率よく学習するには?

宅建の学習2

宅地建物取引主任者試験の学習時間

まずは、時間の確保、宅建の場合での出題範囲は、
・権利義務関連A(民法を中心)
・宅建業法
・都市計画法などの法令上の制限や税金などについて
と大きく3分野に分かれている。

権利義務関連と宅建業法で各分野、約30%程(16問くらい)あとは残りの項目についてもの

学習時間は1年あれば合格可能である資格、民法など法律知識の基礎に明るい人であれば半年の勉強でクリアできる可能性もある。社会人としての身分であり、学習時間は、通勤での電車内の20分と週末の休日あとはどれだけ効率よく勉強できるかということ

宅建の試験内容の把握

今回は独学で挑戦まずは、どのようなものなのかを把握していく必要がある。
大きな書店に赴き宅建の参考書を物色する。
ますは、基本書の購入
書店に行くと人気資格だけに、色々な種類のものが販売されている、分厚さも薄いものから、その3倍程度になる厚みのものまで、内容を簡単に見ていくと、薄いものはやはり内容が簡略にされているためかゆいところにまで手が届かなさそうな感じがするためボツ、標準的なA5サイズの総ページ300P位のものを購入
※通勤時に携帯して負担がぎりぎりないと感じた大きさ
取り急ぎは内容の把握のために・・・

«backnext»

資格取得の勉強方法

資格取得の勉強法-----------36 queries. 0.274 seconds. Powered by WordPress