資格取得のための勉強法は?通勤時間の合間、休憩時間、就寝前に効率よく学習するには?

トップページ» 必要な参考書は

必要な参考書は

ほかにも意見があり資格取得に向けた手法は色々とは思いますが
どのような資格でもまずは

1.基本書(資格試験の内容全部が網羅されているもの)
2.問題集

の2種類と考えます。
1.基本書については、難関資格以外ではほぼ1冊で納まるものが多い、内容に関しては、各分野の問題などについて分かりやすいと思える解説が記載されているものがよい(解釈については個人差がありますので詳細は控えますが、書店などで同様の基本書の類の書籍が何種類かはありますので比較して自分にあったものを選ぼう、ボリューム的に極端に薄いものなどは結局もう1冊購入のはめになるの)基本的には1冊で十分

2.問題集については、過去問5年分などのものが発売されていますのでこれらのものか、独自の出題をされているものや、部分的なもの(本試験とは様態が違い、間違いやすいポイントのみを問題としているもの)などがありますが、やはり過去問の内容は目を通しておくほうが良いのではと思います。出題内容の形式はほぼ同じ、雰囲気をつかむことで本番のイメージができることができます。あとは重要ポイントをどこまで頭に入れておけるかということです。

まずはこの2種類の書籍を購入し、必要に応じて買い増し(場合によってはスクール通い)をしていけばよいかと思います。

資格取得の勉強方法

資格取得の勉強法-----------30 queries. 0.408 seconds. Powered by WordPress