資格取得のための勉強法は?通勤時間の合間、休憩時間、就寝前に効率よく学習するには?

FPの資格1

FP技能士資格に挑戦

徐々に認知されてきたファイナンシャルプランナーという資格、少し前までは、日本FP協会が主催する、民間資格で、AFP資格としてファイナンシャルプランニングの専門知識を有する証明となっていたが、資格取得のためには、協会の認定教育機関で必要な課目・単位を履修し、現在では、AFP場合「2級ファイナンシャルプランニング技能士試験」の合格で認定される資格

必要科目の履修などの条件が引っかかり興味はありましたが、平成14年に国家資格である技能検定のひとつとして「ファイナンシャルプランニング技能士検定制度」が開始

3級からは受験資格もなく、受験を決定
(2級は3級合格者または実務経験が必要)

試験内容

試験については、学科試験と実技試験(2級は個人資産相談業務、中小事業
主資産相談業務、生保顧客資産相談業務、損保顧客資産相談業務のうち選択)
(3級は個人資産相談業務 保険顧客資産相談業務の選択)
学科試験の合格と選択項目の実技の合格でクリア。
同じ級でも、実技を個人資産としたら、検定職種としてファイナンシャルプランニング(個人資産相談業務)と記載された合格証書となる。
3級の実技項目は2種類、どちらも合格することも可

出題範囲は、
ファイナンシャルプランニングの倫理
ライフプランニングや資金計画・保険や年金、税金
リスク管理として生命保険や損害保険
金融資産の運用として、市場環境のことや投資商品などのこと
所得税や所得控除など税金に関すること
不動産についての権利や取引、価値算出方法など
相続分野として、贈与や相続税、遺言、相続財産の評価
などについてが範囲となっている。

資格取得の勉強方法

資格取得の勉強法-----------36 queries. 0.461 seconds. Powered by WordPress