資格取得のための勉強法は?通勤時間の合間、休憩時間、就寝前に効率よく学習するには?

宅建の学習1

宅地建物取引主任者試験への挑戦

権利義務や不動産に関する試験内容で、宅建は人気のある資格、法律に関する入門的な意味も含め国家資格へチャレンジ。

宅建の試験の受験者数は年度あたり約20万人と非常に人気のある資格と思います。
理由としては
1.国家資格であること
2.受験資格に制限がないこと
3.比較的、合格しやすそうな資格であること
4.不動産業に従事しなくとも、民法の権利義務についてなど身近な部分の内容が試験範囲であること
・・・であろうかと思います。

国家資格であるというのはまず重要なものひとつ、民間資格の代表格である商工会議所主催の検定などと比べるとやはり、一段階違う感じがします。宅建の場合には、試験合格者→宅建主任者というステップが必要です。試験に合格しているだけでは、宅建業の専任の主任者とはなれず、実務経験2年か所定の講習の受講を経て、主任者登録をする必要があります。

しかし、宅建は国家資格の初級としては非常に挑戦にしがいのある資格と感じています。
甘く挑戦すると合格はまずしない、それなりの勉強量は必要

宅建の合格率

ここ最近の合格率は17%程度平均しても15%という所でしょうか、国家資格としてはまだ良いほうでもあります。
まずはここから

資格取得の勉強方法

資格取得の勉強法-----------36 queries. 0.470 seconds. Powered by WordPress